SNSの隆盛に伴い、理想的な自分を維持するために心理的に無理をする人が増えている

表面化しにくい鬱病

医者

他の鬱病よりもリスクが高い

リスクが高いとされる鬱病の一つに、微笑み鬱という症状があります。この症状の特徴というのは、うつ病を患っていたとしても、周囲の人に対してはいつもどおり笑顔で接してしまいます。そのため、医師の診察を受けるまでに長い時間を要してしまい、受診した時には重症化してしまっているというケースも多いのが特徴です。このタイプの鬱病は、本人が鬱病と自覚できないため、症状が悪化するリスクを孕んでいます。というのも、職場ではいつもどおり振る舞えることから周囲も鬱病に気づくことができません。一人になった時にようやく気分の落ち込みに気付けるかどうかということなので、微笑み鬱は鬱病の中でも悪化しやすい病気であると言われているのです。周囲ができることは様子の変化に気づいて声をかけてあげること、それと、病院の受診を勧めてあげることです。微笑み鬱の場合は、手遅れにならないうちに病院を受診することが何よりも重要なことです。本人に自覚がない場合には、周囲が気づいてあげる必要があります。

負けず嫌いや頑張り屋さんの人ほど、微笑み鬱にかかりやすい状況を自ら作り出してしまいます。これは周囲が悪いということはなく、本人も鬱病の自覚がないため、どんどんと気づかないうちに症状が重症化します。大切なことは自分で気づくことにあります。仕事や学校にいる時には笑顔で振る舞うことができたとしても、自宅に帰った時に極度に気分の落ち込みや行動の減退などが見られることがあります。また、原因不明の症状が徐々に現れてくるため、できることならば見逃さないように心がける必要があります。例えば、食欲減退や睡眠障害、それに、体の不調を感じるようになります。ちょっとしたことなので本人は見過ごしてしまい、頑張って明るく振る舞ってしまうのが微笑み鬱の特徴です。こうした発覚しづらい微笑み鬱をきちんと治療するためには、できるだけ我慢をしないことです。本人は頑張れてしまうので、鬱であることに気づかないかもしれませんが、体はSOSを発していることも多いので、それに気づくことです。